スポンサード リンク

モップガール 第2話あらすじ

★モップガール 第2話あらすじ

 「リトル・エンジェルズ」に異動する以前に勤務していた関連会社が手掛けることとなったブライダル・ショーを手伝いに来た長谷川桃子(北川景子)は、ショーに出演する人気モデルである城之内綾乃(酒井彩名)と出会う。

会社社長の本宮和彦(西村清孝)との結婚式を来週に控えている綾乃は、世間の羨望の眼差しを集める"幸せを絵に描いたような人"。

けれども桃子は、あの綾乃が使用人である神林幸弘(松田賢二)を平手打ちする姿を目撃してしまい、がっかりしてしまう。

そんな中、控え室で綾乃が殺害されてしまう事件が発生した! 死因は、控え室に置いてあったチョコレートに入っていた青酸カリによる中毒死だ。

将太郎(谷原章介)と一緒に現場の片付けに向かった桃子は、警部補の横内淳(マギー)から「独占欲の強い綾乃は必ず自分でチョコレートを食べるだろうと考えた、身近な人物が犯人」という推測を聞かされる。

しかも、横内が考える第一容疑者の名前を聞いた桃子は、驚きを隠せない…。綾乃の無念を思いながら、現場を片付ける桃子。

片付けの最中に、桃子は綾乃がだいじにしていたブーケを発見する。そのブーケに触れた瞬間、またも激しい耳鳴りに襲われる。

そしてきづいたら、時間はその日の朝へ逆戻りしていたのだ。 桃子は殺人を事前に食い止めるため、将太郎を巻き込んで、第一容疑者のもとを訪れる。
posted by モップガール at 21:47 | モップガール あらすじ
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。