スポンサード リンク

モップガール 第3話あらすじ

★モップガール 第3話あらすじ

【ゲスト】宝生舞(根岸小百合)

 議員である根岸小百合(宝生舞)の熱心な支持者だった老人が死んでしまった。

その遺品の整理を終えた、桃子(北川景子)と将太郎(谷原章介)達がが会社に戻ったときに、テレビでは小百合と議員の藤井龍平(上杉祥三)の記者会見をライブ中継していた。

小百合は介護施設をめぐる汚職事件疑惑の最中だあり、会見は小百合自身が無実がという事を分かってもらうのが目的だった。

しかし会見中なんと、小百合の頭の上に照明が落下してきた。

頭を強く打った小百合は死亡してしまう。さらに、小百合の頭上にあった照明器具から導線の仕掛けが見つけられ、これが計画的殺人だったという事がわかる。

桃子と将太郎は清掃のため事件現場へ。

そこで、小百合の秘書である平島佳代(小西美帆)と、小百合と対立関係にあった議員の西園寺蘭子(片桐はいり)に出会うことになる。

そんな中、蘭子のバッグの中から殺害に使われたと思われる導線の一部が見つかった!

蘭子は、最近の小百合への行き過ぎた攻撃などもあり、第一容疑者に挙げられることとなる。

その夜、将太郎から「小百合の議員バッジが落ちているはずだから探して来い」と言われた桃子は、再び事件現場へいく。

しかし、見つけたバッジ手にし触った瞬間、またも時間が巻き戻りその日の朝へ逆戻りしてしまう。

桃子はまた事件を未然に防ぐために、蘭子がいる料亭へ急いで行く。しかし、そこへ思ってもいなかったな人物が現れて…。
posted by モップガール at 12:52 | モップガール あらすじ
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。